【デカフェコーヒー】妊娠中や授乳中でも安心!美味しいデカフェコーヒー・カフェインレスの紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。
妊娠中や授乳中でも安心なおすすめのデカフェコーヒー

コーヒー大好き、ちまたきです。

コーヒーは、カフェインが入っている飲み物として有名ですよね。

しかし、妊娠中や授乳中の方はカフェインが摂れないのでコーヒーが飲めません。

そんなコーヒーが飲みたくても飲めない方におすすめしたいのがデカフェコーヒーです。

最近ではスターバックスコーヒーなど、カフェなどでもデカフェコーヒーを販売しているところが増えてきていますよね。

でも、聞いたことはあるけど結局どんなコーヒーなの?

と疑問に思っていませんか?

今回は、デカフェコーヒーの解説と、おすすめの美味しいデカフェコーヒーをご紹介しています!

妊娠中だけど飲みたい!カフェインを摂りたくないと思っている方は是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
目次

デカフェコーヒーとは?

f:id:chima_taki:20220111181759j:plain

ご存じだとは思いますが、コーヒーにはカフェインが含まれています。

そのカフェインを、コーヒーから取り除いたものをデカフェコーヒーと言います。

カフェインを取り除いているから、カフェインはゼロってことなんだ!

と思う方も多いかと思いますが、実はデカフェコーヒーにはごくわずかのカフェインが含まれています。

とはいえ、妊娠中や授乳中のカフェイン目安摂取量は1日300㎎までです。

カフェインの含まれるコーヒーであればマグカップ2杯ほどですが、デカフェコーヒーならカフェインはごく僅かなので何杯も飲み続けなければ心配いりませんね。

デカフェコーヒーはカフェインレスと似ている

f:id:chima_taki:20220111181954j:plain

デカフェコーヒーのほかにも、カフェインレス、カフェインフリー、ノンカフェインなど似たような単語がたくさんあります。

それぞれ簡単に説明すると、このようになります。

  1. カフェインレス:もともとカフェインが少ない物。国によって基準が違うが、日本では90%以上取り除かれているもの
  2. デカフェコーヒー:ごくわずかにカフェインが含まれている。
  3. カフェインフリー・ノンカフェイン:カフェインが含まれていないもの。

このように、カフェインレスとデカフェコーヒーは似ていますよね。

そのため、デカフェコーヒーと書くのではなくカフェインレスと売られているコーヒーも多くあります。

そんな時は、どのくらいカフェインが取り除かれているのか確認すると安心です。

まったくカフェインを取りたくないという方は、カフェインフリーやノンカフェインのものを選ぶようにしましょう。

デカフェコーヒーは味や風味が落ちてしまうの?

f:id:chima_taki:20220111181908j:plain

デカフェコーヒーはカフェインがあるコーヒーに比べて味や風味が落ちてしまうと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

しかし、最近では焙煎方法も研究され、味や風味も変わらない美味しいデカフェコーヒーが出来ています。

カフェインの入っているコーヒーと味を比べると、カフェインを抽出するため苦みや渋みが薄まります。

そのため、カフェインを取りたくないというだけでなく、マイルドな味やすっきりとした味が好きな方にもおすすめです。

おすすめの美味しいデカフェ・カフェインレスコーヒー

ここからは、デカフェコーヒーでもおいしく飲めるおすすめを紹介していきます!

カフェインレスと書いてあるものも紹介しますが、どれもカフェイン除去率が高いものを選んでいます。

妊娠中や授乳中の方でも安心して飲んでいただけます。

辻本珈琲 カフェインレスコーヒー ドリップコーヒー【デカフェ・コロンビア】

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

こちらはカフェインカット率が99.9%と高くなっています。

それにもかかわらず、本当にカフェインレスなのかと疑うほどのコーヒーを飲んだ満足感が味わえると人気の商品です。

ドリップパックになっているので、手軽に本格的な味を楽しめますね。

マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー

こちらは、カフェイン99.7%カットでありながらも美味しさが変わらないと人気のコーヒーです。

ここまでカフェインがカットされているものは少ないうえに、味も美味しいので妊娠中や授乳中でも安心して飲むことができますね。

また、インスタントコーヒーなので手軽に飲みたい方にはこちらがおすすめです。

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス

コーヒー好きの方なら一度は飲んだことがあるであろう、ネスカフェゴールドブレンドのカフェインレス版です。

味はいつものゴールドブレンドと変わらないのに、カフェインは97%カットされています。

カフェインレスシリーズで、以下のように種類がたくさんあるのでシーンに合わせて飲めるのでうれしいですね。

小川珈琲店 カフェインレスブレンド

¥795 (2022/06/01 09:08時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

有名な小川珈琲店のカフェインレスコーヒーです。

カフェインは97%カットされています。

酸味や苦みも程よく、香りも良いのでカフェインレスコーヒーの中ではとても人気です。

いつも自分でドリップして飲んでいるという方におすすめです。

【まとめ】妊娠中や授乳中でもコーヒーを楽しもう!

ここまで、デカフェコーヒーについて紹介してきました。

デカフェコーヒーのほかにも、カフェインレスやノンカフェインなど、呼び方がたくさんあることがわかりましたね。

一般的にカフェインレスと書いてあることが多いですが、カフェインカット率には差があるのできちんと確認することをおすすめします。

妊娠中や授乳中、外出先でなかなかトイレに行けないときなどは、デカフェコーヒーをうまく活用しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次