【動物漫画】動物好きな人必見!おすすめの動物漫画4選。ほのぼの系からギャグ系まで。

当ページのリンクには広告が含まれています。
癒しあり、笑いありの動物漫画4選

どうも、動物大好きちまたきです。

今回は、私が持っているおすすめの動物の漫画を紹介します。

ちまたき

家の収納が狭いということもあって、私はあまり漫画を置いておかないんですが、それでも家にある大好きなものばかりです。

動物がメインの漫画は、ほのぼのした、癒し効果があるものが多いです。

ですが、今回紹介するものはギャグ要素も多いので、笑いたいときにもおすすめです。

  • 動物漫画が好き
  • ほのぼのしたい
  • 癒されたい
  • 笑いたい

こんな方におすすめしたいです。

それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク
目次

私がおすすめする動物の漫画

しろくまカフェ

著:ヒガアロハ
¥732 (2022/12/02 14:29時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

シロクマくんが経営するおしゃれなカフェの「しろくまカフェ」にやってくる、動物たちとのお話。

動物たちだけの話かと思いきや、普通に人間も出てきます。

人間と動物たちが意思疎通できるという、不思議な世界観です。

シロクマくんは、常連客であるパンダくんとダジャレ漫才をするのが好きなようで、よくそんな話が出てきます。

癒してもくれて、ギャグ要素もあるので笑顔にもなれる。そんな漫画です!

シロクマくんとパンダくんのほかにも、動物はたくさん出てきます。

ペンギンさん、グリズリーさん、ラマさん、ナマケモノさん…などなど。

いろんな種類の動物が出てくるので、動物にも詳しくなれちゃいます。

ちまたき

個人的に好きなのが、カフェということもあってコーヒーの豆知識が出てくるところです。

コーヒーが好きな人には、勉強になるので読んでいて楽しいと思います。

また、現実世界にもしろくまカフェはオープンしています。

ファンの間では、結構人気です。

ねことじいちゃん

著:ねこまき(ミューズワーク)
¥990 (2022/12/02 14:30時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ばあさんに先立たれてしまったじいちゃんが、猫のタマと二人で暮らすお話。

ほのぼのとしていて、癒されます。

じいちゃんとタマは、島で暮らしています。

そこは猫島と呼ばれるほど野良猫がたくさんいて、どこを歩いても猫、猫、猫。

猫好きにはたまらない描写がたくさん詰まっている漫画です。

猫と暮らしている人、猫好きの人なら老後猫とこんな暮らしがしたいなぁと思う理想の過ごし方だと思います。

私も将来、参考にしたいぐらいです。

個人的に、ねこまきさんが描く絵が大好きなので、ほかの作品も集めたいと思ってます。

犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい

著:松本ひで吉
¥858 (2022/12/02 14:31時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

犬と猫をどっちも飼っている作者の毎日のお話。

飼い主には絶対服従の犬。はたまた、自由気ままな猫。

同じことをしているのに、反応が正反対。

読んでいると、犬の特徴と猫の特徴が正反対なところが描かれていて面白いです。

両方同時に飼ってみたくなりますね。

でも、なかなか両方飼うのは難しかったりしますよね。

なので、この漫画で日常を体験することができます。

犬派VS猫派とかよく言いますが、両方派の人には最高に幸せな漫画です。

ちまたき

逆に、犬派の人が猫の魅力に気付いたり、猫派の人が犬の魅力に気付けたりもすると思います。

個人的に、毎回猫がものすごく理不尽なところが大好きです。

きのこいぬ

著:蒼星きまま
¥627 (2022/12/02 14:31時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

主人公が愛犬を亡くして落ち込んでいるときに出てきた、「きのこいぬ」とのお話。

「きのこいぬ」は、主人公の家のに庭に生えていたきのこから生まれた不思議な生き物。

私も犬を亡くして落ち込んでいた時を経験しているので、主人公の気持ちが痛いほどわかりました。

そんな主人公を一生懸命支えようとする「きのこいぬ」が、とってもかわいくて癒されます。

まだ完結していなくて、「きのこいぬ」がどういった生き物なのかが気になります。

まとめ

今回は私のおすすめの動物の漫画を4種類ご紹介しました。

どれもほのぼのできて癒しあり、笑いありなので、興味がある方は是非読んでみてくださいね。

動物好きの方ならきっと、どれもはまること間違いなしです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次